授業プラン

子どもの育ち&先生の時間を両立させる授業プラン~子どもも幸せ、先生も幸せ~

本プランは、標題通り、先生方が残業無し、最短時間内で準備をし、子どもたちの力を最大限に伸ばすことのできる授業プランです。1単位時間の授業の準備、いわゆる教材研究にはその倍の90分以上を掛けなければ「良い授業」を作れないと言われています。仮に前日に翌日の6時間目までの授業を準備するとなると、9時間も掛かる計算になってしまいます。若手の先生方や、熱心な先生方の中には毎日残業をして夕方の5時過ぎから真夜中まで準備をしている方も少なくないかもしれません。逆に、調査によると、報告書や事務作業、校務分掌に追われて、授業準備の時間が足りないと答えている先生が94.5%います。子どもたちに対して罪悪感に近い思いを抱いている先生方も少なくないのではないでしょうか?

本プランでは、1週間約25時間分の授業を、金曜日に30分~1時間でまとめて準備が出来ます。実際には、1日1時間を「セレクトタイム」という本授業プランのメインとなる時間にしますが、それにより他の時間の準備も最小限にすることができます。なぜならば、子どもたち自らが見通しをもって毎日を過ごすことが出来るようになるからです。

さらに、本プランを続けていくと、子どもたちの主体性、計画性、実行力、ふり返り力、そしてコミュニケーション能力等、次期学習指導要領でも重要視されている力を最大限に伸ばすことが出来ます。また、新学習指導要領に登場した「カリキュラム・マネジメント」(教科横断型授業)の一つの実践例とも言えます。もちろん、漢字や計算などの基礎・基本も、子どもたち自身が納得するまで主体的に取り組むようになるので、しっかりと身につきます。さらに、友達と話し合ったり、プレゼンをしたりする機会が増えていくので、クラスの雰囲気も良くなります。

詳しくはこちら↓↓

https://www.wlbc-kansai.com/education/授業プラン/

※本授業は、イエナプラン教育や国内外の様々な教育方法をもとに、日本の公立小学校の時間割に合わせた実践です。

限定5名!

オンラインゼミ2期生 [ 9月・10月 ] 募集中!

9月15日(土)スタート

このプランをやってみたい!これまでの授業を変えたい!・・・でも、どうやるの?

という方、是非一緒に学び合いましょう!

授業作りに困って、一人で悩んだ経験はありませんか?

本授業プランの肝である「学び合う」「困ったら誰かに聞く」をオンラインゼミ受講者ご自身で体験していただきながら、本授業プランを身につけていただけます。

「授業準備の時間が短いと授業の質が落ちる」という

思い込みを払拭するお手伝いをします!

2期の流れ

1・導入説明会&全員で授業プラン作成(オンライン)

  • 9月15日(土)20:00〜22:00

※教科書、週案、年間計画などご用意ください。

2・疑問解消・振り返り・深め合い・学び合いの会(オンライン)

2週に1度のペースで授業プランを身につけていただきます。

  • 9月29日(土)21:00〜22:30
  • 10月13日(土)21:00〜22:30
  • 10月27日(土)21:00〜22:30
  • 11月10日(土)21:00〜22:30

※参加者同士で日程調整をして、変更する場合もあります。

3・Facebookグループページでの質問、実践交流

0期生、1期生とも学び合えます。

オンラインゼミ永続会費

5,000円→ 2期のみモニター(フィードバックをもらいたいので)価格3,000円

永続会費に含まれるもの

  1. 授業プランのひな型データ
  2. 1クール全5回(合計8時間分)の少人数ゼミ優先参加
  3. 2クール目以降もオンラインゼミ席に余裕があるときは参加し放題
  4. フェイスブックグループページでの質問、交流
    (自分から投稿しなくても、貴重な体験談を読むだけで学びになります!)

このオンラインゼミは、小・中・高校教員の方向けです。議員の方、教育委員会の方向けには別途オンラインで勉強会を行っております。

 興味のある方は、お問い合わせください

《 返信はオランダからなので時差があります。ご了承ください。 》  

こんな方にオススメ!

  • 授業のやり方を変えたい方
  • 仕事に追われている方
  • 
校外に一緒に学ぶ仲間が欲しい方
  • 実践をしながら、オランダの教育について深めていきたい方

メッセージ

教員になったばかりの頃は、「先生の言うことを聞くクラス」が「いいクラス」だと思っていました。いわゆる「指導が行き届いている」と言われる概念です。先輩の先生の言うことは聞くのに、自分の行言うことは聞かない子どもたちに対して、イライラすることもありました。威厳が欲しいとも思いました。指導力不足と思われることや、保護者からのクレームを恐れていたせいもあったと思います。いつも翌日の授業をどうしたら良いか悩み、こんなんじゃつまらないだろうな、と思いながら授業をしていました。日曜日の夜はとても憂鬱でした。

しかし、2015年にオランダでの研修に参加をし、とある学校の校長先生が言った言葉で、私の教員人生は180度変わりました!その言葉とは・・・

「多くの人は、自分に出来ることをやろうと言う考え方をする。そうやって、自分の枠をどんどん狭めている。だから僕は、こう考えるようにしているんだ。出来ること以上のことをやろう、って。」

その言葉で、帰国後すぐに、小学校2年生のクラスで実践を始めました。日本で実践をすることは思った以上に大変でした。相談出来る方は日本全国に何人かいましたが、学校も学年も違く、みんなが試行錯誤でした。でも、その試行錯誤がとても楽しかったのです。そして、小学校2年生のクラスで半年間、翌年に3年生のクラスで1年間、改善に改善を重ねて、生まれたのが、この授業プランです。

今、私は「子どもたちが自分で考えて行動するクラス」が「いいクラス」だと確信しています。衝突があってもいい、失敗だと感じることがあってもいい、それこそが学びです。心に余裕が生まれ、保護者の方々とも自然体で付き合えるようになりました。子どもからも、保護者からも、どんなことを言われても受け止められるようになり、寧ろ言いづらいことも言ってもらえることが嬉しくさえ感じました。もちろん、多くの保護者の方々が子どもの成長を喜び、安心して学校に通わせられると言ってくださいました。毎週、授業の計画をするのが楽しく、一週間が始まるのが楽しみになりました。

学年主任になり、初任者の指導担当にもなり、国語と道徳の教科主任、通知表担当、避難訓練担当で、我ながらとてもたくさん仕事を抱えていたと思います。 それでも、この授業プランのおかげで、毎日勤務時間内に仕事を終えられるようになりました。勤務時間内に仕事が終わるから、睡眠不足になることもなく、毎日笑顔で子どもたちに接することができ、いい循環の毎日でした。

今、これを読んでくださっている方!ぜひ、この感覚を一緒に味わいましょう。

子どもたちの成長に日々喜び、毎日笑顔でいられる授業プランです。

ぜひ、子どもたちに、「先生も新しいことを学んだんだよ。一緒にやってみない?」
と笑顔で伝えてください。